4712777
空に夢中



2008年3月から趣味で始めたラジコンヘリ&飛行機の練習記録です。
ご意見、ご感想をお待ちしてます♪
「磐田ラジコンクラブ」会員募集中です!
(一緒に楽しく遊びましょ♪)

[飛行場の地図]

   

空に夢中(ラジコンetc)


[トップに戻る] [通常表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
合い言葉 ※必須
合い言葉欄には半角で「SDX」と書いて下さい
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
URL
添付File  (610kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

「Airwheel R6 ディスクパッド交換」 投稿者:たつや 投稿日:2019/08/22(Thu) 18:29:23 No.5731  引用 
うちR6ですが、走行距離が2030kmになりました。
そしてついに、先日のサイクリング終了間際にリヤのブレーキが利かなくなりました。
ディスクパッドのスライド調整が、ストッパーに当たって調整しろがゼロになりました。
そこで本日、事前に購入してあった新品のパッドに交換しました。
 
R6のディスクブレーキ周りは汎用品なので、入手は容易です。
ただし、パッド単体ではなく、ディスクプレートを含むユニットでしか購入できません。
ま、その方が交換は楽なのでOKです♪
驚きなのはその値段。
写真(下)のディスクブレーキユニットが2セットとプレート2枚、つまり自転車1台分が、送料込みで2400円なのです!
さすが、中国ですねww
 
ちなみに、R6に限らず中国製の電動自転車は、フレームだけが各社のオリジナルで、その他の電動ユニットからブレーキ周りまでのすべてが汎用品で構成されています。

「しまなみ海道/往復サイクリング」(長い動画ですw) 投稿者:たつや 投稿日:2019/08/20(Tue) 19:12:20 No.5730  引用 
https://youtu.be/khUhY-VMh0c
 
2019年8月12日、電動自転車(Airwheel R6)でしまなみ海道を往復しました。
当初は、瀬戸内トライアングルを走る予定でしたが、台風10号の影響が懸念されたため、予定を変更してしまなみ海道だけにしました。
しまなみ海道だけと言っても往復すると150km近くにもなります。
真夏の炎天下を、一日で走ることができるのか心配でした。
今治市にある「サンライズ糸山」の無料駐車場を8時過ぎに出発し、途中、因島にある大山神社(自転車神社)に寄り道をして尾道行きの渡船乗り場が目標の折り返し地点です。
すべての橋の連絡道は、自転車と原付のルートが異なっているため、往路では原付道を通って復路は自転車道にしました。
自転車&原付ルートの両方を一日で走ることは、普通ではなかなか体験できないことだと思いますw
来島海峡大橋だけは自転車と原付のルートが完全に分かれているのですが、案の定、原付道を走って行ったら料金所で止められました。
係員に説明し、ナンバー付きの原付と認めてもらえて無事に通過できました。
ナンバーが付いているとは言え、速度や機能的にも自転車に近いR6なので、本来は自転車道の方が似合ってると思います。
暑い一日でしたが、来島海峡大橋の日没にも何とか間に合い、11時間半掛かって146.5kmを走破できました♪
動画は、自分なりに記録として残したかったので、全行程をノーカットで編集しました。
走っている時間だけですが、2倍速で編集してもにしても3時間半になりましたww

無題 投稿者:たつや 投稿日:2019/08/18(Sun) 19:49:44 No.5729  引用 
 
で、ダムと言えば「ダムカード」
ちゃんと3枚頂きました♪

「北遠3ダム巡りサイクリング」 投稿者:たつや 投稿日:2019/08/18(Sun) 19:49:28 No.5728  引用 
夏休み最終日もサイクリングw
佐久間ダムのリベンジを含めた、北遠にある3つのダムを走破しました。
行程は142kmと先日のしまなみ海道よりも短かったのですが、なかなかのヒルクライムで大変でした。

今治市と浜松市の「差」 投稿者:たつや 投稿日:2019/07/30(Tue) 16:30:14 No.5727  引用 
サイクリングの聖地として有名なのが「しまなみ海道」ですが、他にも聖地を謳った場所は多くあります。
ビワイチ(琵琶湖)、アワイチ(淡路島)、カスイチ(霞ケ浦)・・・等々。
地元、浜松市にもハマイチ(浜名湖)と呼ばれるサイクリングロードがあります。
ところが、今治市と浜松市では、走ってみればよく分かる「大きな差」があるのです。
 
写真の1枚目と2枚目は今治市、3枚目と4枚目は浜松市の道路(ストリートビュー)です。
両市の大きな差とは、車道と歩道の「段差」です。
今治市の写真はしまなみ海道のサイクリングロードではなく一般市街地の道路なのですが、そんな場所でも見事に段差をなくしています。
一方、浜松市の方はハマイチの推奨ルート上なのに、これです(><)
自転車で走ることの本質を理解しているのか、観光として本当に力を入れたいと思っているのかどうかの差としか思えません。
 
自転車は原則として車道を走りますが、車道や路肩が狭い所は歩道を走った方が安全だし他の自動車の迷惑にもなりません。
そのために、その様な場所の歩道は「自転車通行可」となっているのです。
ハマイチを走ってみると分かりますが、正直、自転車通行可であっても歩道は走りたくないです。
車道が狭くて、たとえ後ろに自転車を抜けない車がいたとしても、車道の方がマシです。
車道と歩道の段差や、ガタガタと荒れた歩道は、自転車にとってリスクが大き過ぎるのです。
 
ある「サイクリングに行ってみたい県ランキング」では、残念ながら静岡県は10位にも入っていません。
富士山があり、伊豆半島があり、他にも山や海、湖に恵まれている風光明媚な県なのに、です。

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -