4326977



2008年3月から趣味で始めたラジコンヘリ&飛行機の練習記録です。
ご意見、ご感想をお待ちしてます♪
「磐田ラジコンクラブ」会員募集中です!
(一緒に楽しく遊びましょ♪)

[飛行場の地図]
   ←気になるお買い得商品
 (ヤフオクへの直リンクetc
 
      
 ←通販コーナー

空に夢中(ラジコンetc)


[トップに戻る] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
合い言葉 ※必須
合い言葉欄には半角で「SDX」と書いて下さい
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
URL
添付File  (610kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

リポの内部抵抗 投稿者: 投稿日:2010/02/17(Wed) 15:03:33 No.1547 ホームページ  引用 
先日、一日のフライトで手持ちのリポを全部使い切ったのですが、
全部フル充電してあったのに、元気のないリポが数本ありました。
一番古いリポは1年以上も使っているので、そろそろ寿命だとは思うのですが、
同じ時期に買った物でも元気が良いのもあります。

そこで、すべてのリポをリフレッシュしました。
5Aでバランス放電させた後、5Aでバランス充電します。
これを2回繰り返しました。
安物の充放電器は1A放電しかできないので、放電のみタマゾーの「T−30」を使いました。
で、放電している時に表示される「内部抵抗値」にかなりバラツキがあります!

表にまとめて、先日のフライトでの感触を○×で記入すると・・・
内部抵抗値が200mΩ付近で優劣が分かれるようです。
そして、なんとハイぺりが全滅で、安いロビンが健在!?ミステリーは今一か!?
最近では5A(2〜2.5C)のバランス充電ばかりやっているので、メーカー推奨の使い方ではないですが、
それにしてもこれほどの差が出るとはね・・・
これからはロビンを買おうっと♪

※リポはどれも一様に使っていますが、頻度のバラツキはあります。
※表中の( )はスターターで使っているので参考値です。

「×」のリポでは背面ピルエット等の地味練はやれますが、PFや横チクには使えません。
それに、3分もしないうちにパワーダウンします(><)
また、追加のリポが欲しくなりました・・・


無題 投稿者:ぷよちん 投稿日:2010/02/18(Thu) 22:18:07 No.1553 ホームページ  引用 
たつやさんありがたいです。
最近、燃料代が気になり始めて電動を買わないとと思ってから
この記事かなり気になりました。
リポのことよくわかってないもんで(笑)
こういうデーターがあれば自分がなにを買おうかって思った時に参考にできますからね♪
ハイペリオンっていったらブランドってイメージがあったもんで・・・・
使い方にもよるんでしょうけど
やっぱロビンですかねぇ?(爆)

無題 投稿者: 投稿日:2010/02/19(Fri) 15:45:59 No.1554 ホームページ  引用 
使い方や測定方法によっても違うと思うので、僕の結果は当てにはなりませんよ〜
ハイぺり使ってる方でまったく問題ない人もいる訳だし、たった4本の結果では何も言えません(笑)

450で使う分には突然パワーダウンしても被害は小さいのでそれほど気を使わなくてもいいと思いますよ。
それに、僕の場合、450は練習機としか見ていないので、やっぱ値段が安い方がいいですね♪

無題 投稿者:ぷよちん 投稿日:2010/02/19(Fri) 20:05:38 No.1561 ホームページ  引用 
たつやさん僕はかなりの素人で失敗ばかりでいまだかついろんなことが
分かってないんですよね〜

たつやさんの記事って初心者でも分かりやすくしてあるのでかなり勉強になるんで
マネしまくりますよぉ(爆)

一人で考えるといつも失敗するし
クラブの人はほとんどがエンジンばっかりですからね〜


どんどん電動が欲しくなってきてます。
やばい・・・・・・やばすぎる!!!!!!

無題 投稿者: 投稿日:2010/02/19(Fri) 21:07:38 No.1565 ホームページ  引用 
早く買っちゃいましょう♪
結果的にはE/G機だけで練習するよりはぜったい安上がりですよ!
落としまくってる僕の体験から言えることですから間違いないです(笑)

リポ追加 投稿者: 投稿日:2010/02/19(Fri) 17:15:41 No.1558 ホームページ  引用 
新しいリポが届きました〜♪
もちろんオークションでの安物買いです(^^;)
BQYとTURNIGYを3本ずつ買ってみました。
(おぃおぃロビンじゃなかったのかよ・・・)
どちらも1本2200円でした。
ただ、TUはT端子付ですがBQは端子なしです。
見た感じはTUの方が立派でした(笑)
僕にとっては関係ないですが・・・一応、重量はTUが187g、BQが178gです。


内部抵抗値 投稿者: 投稿日:2010/02/19(Fri) 17:16:38 No.1559 ホームページ  引用 
さっそく、BQにT端子を半田付けして慣らし充放電をやります。
慣らしなので、充電は2A(1C)にして放電は5Aです。
とりあえず、2回ずつ充放電しました。
ついでに、5A放電時の内部抵抗値を見ておきます。
すると・・・TUはどれも安定して低い値ですが、BQはバラツキがあります。
1本はすでに190mΩオーバー!!
もしかしたら、いきなりボツ!?!?(泣)

明日はっきりします・・・

450に使えなくなったハイぺり4本ですが、もったいないのでスターター用に使います。
と思って試したら、全然ダメでした(><)
ダメになったリポはスターターでもやっぱりダメです。
使い道がなくなったので・・・・・・・まだ捨てません(爆)

2月19日(金曜日) 投稿者: 投稿日:2010/02/19(Fri) 16:32:44 No.1555 ホームページ  引用 
今日も仕事は休みなので行ってきました。
会社で少し仕事をやってから9時前に飛行場着。
この時間になると、すでに気温は上がっているのでポカポカです。
でも、風は予報通りのビュービュー(><)

とりあえず、450を出して順番に飛ばします。
まず、T-REX-1号機はなんの問題もなく快調です♪
シャキシャキ動いてくれるので横チクもやりやすいです。
風が強いせいか、今日の横チクはバッチリでした♪
そこそこの時間浮いてくれたので、少しずつ高度を落としてみました。
でも、さすがに吹き流しより低くなると一発墜落!なので控えめの回数にして上空へ逃がします(笑)

次は、T-REX-2号機。
先日、適当に買ったスタビバーなんですが、長さが全然違ってました(><)
純正品の190と220に対して、今回買った物は250です!
いくらなんでも長過ぎだろう!と思いつつも、買ってしまった物は使うしかありません。
で、結果は・・・最悪でした(笑)
今回、たまたまブレードもおもり付きカーボンにしたのですが、最高(最悪)の組み合わせ。
まったり、タラタラと450じゃないみたいな動きです!
強風の中ではまったり過ぎて、逆に怖くて飛ばせませんでした。
最初は他のところに問題があるのかな?と思って2フライト試しましたが、結局、まったりの原因はスタビバーみたいです。

最後はTarot450です。
Tarotと言っても名前だけで、T-REXとの違いはありません。
どっちの機体も純正品とまがい物のごちゃ混ぜです(^^;)
さっきの2号機と違って、Tarotはシャキシャキ動きます♪
確か、Tarotは190のスタビバーだったかな?
本では読んだことがあるのですが、スタビバーの長さが変わるとこんなに違うんだ!って初めて経験しました(笑)
快調に飛んでいたTarotですが、トラブル発生!
PFの練習で背面から正面に戻した時に、いきなりテールがクルクル!!
ベルトが滑った?コントロールロッドが外れた??
と思いながら、すぐにホールドに入れてオートロです。
でも、以前に450でオートロをやった時にはローターがすぐに止まって失速したっけ・・・
それからは450でオートロをやったことがなかったのですが、今日は嫌でもやるしかありません。
E/G機での背面オートロ並のスピードで急降下させて、一発勝負のオートロをやりました。
強風のおかげもあってか、割とふわっと滑走路に軟着陸♪
450でもオートロできるんだぁ・・・(笑)
でも、二度とやりたくないです。
一応オートロ成功なので、墜落にはカウントしません(^^;)

テールが滑った原因を見てみると、カウンターギャがずっこけてシャフトがガタガタになってました(><)

そうこうしているうちに、うれしい!?仕事の電話が何度も鳴るので10時過ぎに撤収しました。

T-REX-1号機=1フライト
T-REX-2号機=2フライト
Tarot450=1フライト


Tarot450修理 投稿者: 投稿日:2010/02/19(Fri) 16:41:58 No.1556 ホームページ  引用 
さっさと仕事を済ませて、Tarotの修理です。
Tarotのギャは「質」が柔らかくて使えそうになかったので、メインとセカンドギャは純正品に替えてありました。
でも、カウンターギャまでは替えてなかったです・・・(泣)
バラしてみたら、ギャの圧入がすべってシャフトから抜けていました。
おまけに、メインギャまで被害が広がってキズが入っています。
純正のカウンターギャASSYとメインギャに交換して修理完了です。
ま、大した被害がなくて良かったと思うしかないかな・・・

それにしても今年はテール周りの問題が連発です(><)
まるで、ピルエットとオートロ練習の成果を試されているみたいです(爆)


REX-2号機のスタビバー交換 投稿者: 投稿日:2010/02/19(Fri) 16:47:25 No.1557 ホームページ  引用 
まったり2号機のスタビバーを短いのに変えます。
一番フィーリングが好きな190にしました。
(僕の場合、190も220もあまり変わりませんが)
ブレードがおもり付きなのでちょうどいいかも・・・と安易な判断からです♪

これで飛びがスカッとすれば、本に書いてあったことはホントなんだと納得できます(^^;)

SDX用 2ピースクラッチ・・・試作 投稿者: 投稿日:2010/01/12(Tue) 18:14:23 No.1442 ホームページ  引用 
SDX、スカディ用の2ピースクラッチです。

純正ノーマル品はクラッチシューと軸が圧入されて一体になっています。
一体式の場合、本来なら組立が楽になり強度的にも有利になるはずですが、
これまでスカディ、SDXを組立てる度に、クラッチや軸の芯出しが面倒だと思っていました。
上位機種の状況を見ると、フレイヤとイーグルはSDXと同じ一体式ですが、タービュランスD3だけは分割式になっています。
分割式のメリットは、まず、面倒な芯出しの手間が省けることです。
でも、D3だけが分割式になっていることからすると、本当の目的はフレームのねじれに対する余裕度を持たせることだと思います。
過激な3Dフライトをすると、いくらフレームが頑丈でも必ずわずかなねじれが発生します。
フレームがねじれると、負荷変動が大きいクラッチの上下BRGの同軸度がずれてクラッチ軸がこじられます。
クラッチ軸の抵抗が大きくなると当然E/Gにも負荷が掛かり、E/G回転=ローター回転が落ちます。
クラッチシューと軸を切り離すことで、上記の問題が解消されるわけです。
もしかすると、90のD3よりも非力なSDXの方がさらに大きな効果を得られるかもしれません。

そこで、さっそく自作です。
D3の構造を見ると、クラッチシューの上にカップリングを乗せ、カップリングとクラッチ軸がピンで同期する様になっています。
この構造をそのままコピーしようとすると、部品点数が多くなり、しかもノーマルの部品がすべて使えなくなります。
今回の試作では、極力ノーマルパーツをそのまま使い、コスト的に無駄を省く様にしました。

クラッチシューの分解、追加工 投稿者: 投稿日:2010/01/12(Tue) 18:17:15 No.1443 ホームページ  引用 
最終的な構造及び加工方法は下記の通りです。
1.ノーマルクラッチシューの分解(シューから軸を外します)
2.クラッチ軸の下端に回止めのDカット加工
3.クラッチシューに回止め穴を追加工
4.軸に圧入してシューの中に入る、回止めカラーを新作


完成 投稿者: 投稿日:2010/01/12(Tue) 18:18:15 No.1444 ホームページ  引用 
かなりシンプルな構造にできたため、新作する部品は1個だけでノーマルパーツは全部使えます。
クラッチ軸に回止めカラーを圧入して組立ててみると、カラーの下端がE/Gのクランクシャフトに乗った時に、
カラーの上端がクラッチシューのボス上端とピッタリ合います。
ここからは先はノーマルクラッチと同じ様に、Oリング、ワッシャを入れてクラッチベルをはめるだけです。


懸案事項・・・ 投稿者: 投稿日:2010/01/12(Tue) 18:18:59 No.1445 ホームページ  引用 
今回の試作品では、フライトで確認してみないと分からない超心配なことが2点あります。
タービュランスD3の場合、クラッチを分割構造にしたためにクラッチベルを支持するBRGが1個追加されています。
クラッチベル上部のピニオンギャの上下をBRGで支持する構造です。
SDXはピニオン上部とベルの中にBRGがあるのですが、下側のBRGはクラッチ軸に合わせてあるため、
2ピースに改造するとBRG1個でしか支持できなくなります。
ただ、クラッチがつながった状態ではE/Gとクラッチベルは一体になるので、ピニオン上部のBRGだけでも問題ないかも!?と思っています。
次に、ノイズの問題です。
D3はクラッチ軸とシューの結合にプラ部品(MCナイロン!?)を介しているため、軸がガタついてもノイズは出ません。
今回試作した回り止めカラーは金属のため、クラッチシューとのガタつきでノイズが出る可能性があります。
しかし、カラーの下端は常時クランクシャフトと接触するので問題ないのかもしれません。
また、もしノイズが出たとしてもクラッチベルでシールドされている部分なので問題ないのかも!?です。
実機に組み込んでテストしてみないと分かりませんが、もしノイズが出るようならカラーの材質をMCナイロンに変更します。


無題 投稿者:夢の翼 投稿日:2010/01/13(Wed) 00:04:50 No.1446  引用 
たつやさん、こんばんは。
またまた、新しい事に挑戦されてますね〜。
実は私自身、未だに芯出しを行った事は無いんですよね〜。今の所、気に成った事が無いんですよね。
私の親父からは、「芯出ししても、左右とかのウエイト等が違ったらフライト時振動が出るんだから気にしなくていい」とよく言われます。
 どうおもわれます?

無題 投稿者: 投稿日:2010/01/13(Wed) 11:22:24 No.1448 ホームページ  引用 
夢の翼さん、こんにちは。
新しいことに挑戦・・・っていうか、仕事が暇なんで・・・(泣)
お金もないし、オークションでの燃料代稼ぎのネタ造りです。

芯出し、の必要性ですが・・・正直言って僕には良く分かりません(^^;)
E/G×クラッチ軸の芯出しをしたからといって、他の部分に原因があれば当然振動は出るだろうし、
振動対策を目的とするなら意味がないと言えばないのかもしれませんね。

ただ、僕が芯出しをするのは、E/G、クラッチ関係のBRGの寿命を延ばしたいこととパワーロスを抑えたいことが最大の理由です。
また、もし機体に振動が出た時にも原因追求の際に切り分けが少しだけ楽になるからです。
実際の目的からすると、単体で芯出しをすることよりも、E/G、クラッチをフレームに組込んだ時にきちんとスムーズに回ることの方が重要ですよね。
つまり、組込んだ時にフリクションが掛からないように、事前に単体の芯出しをするだけで、
逆に言うと、組込んだ時にスムーズに回れば全体としての芯出しはOKということなのかな・・・??

軸のこと 投稿者:さっさー 投稿日:2010/01/13(Wed) 22:32:54 No.1450 ホームページ  引用 
2ピースクラッチとはなかなか本格的なパーツが…。

芯出しが楽になるというのはいいですよね。まぁ、芯出ししても組み込みが悪ければどうにもならないでしょうし、
どちらかと言えば気分的なものかも…。僕は【アイドリング中のローター回転が無くなればいいや】と思っている
超イージーな人間ですので、きっと上空だと良くわからないんでしょうね。

スカディやSDXのいいところはカーボンフレーム全盛の昨今、あえて樹脂フレームを採用しているということです。
多少のガタは吸収するでしょうし、組み立てもラク…。もちろん強度や精度は求められませんけどね。いまでもシャ
トルを売っているくらいですからHIROBOの技術はある程度完成しているんでしょうね。まぁ、最先端とはいえない
ところが辛いところでしょうけど(^^;; 美味しいアイデアはいろいろいただけばいいですし(笑)

無題 投稿者: 投稿日:2010/01/14(Thu) 16:13:26 No.1452 ホームページ  引用 
さっさーさん、こんちは。
2ピースクラッチ、上手くできたら買ってね♪

僕はヒロボーのヘリしか知らないので(笑)
他社に比べてどこが良くてどこが劣っているのかは分かりません(^^;)
でも、樹脂フレームはカーボンに比べて安いのでいいですよね。
SDXは初心者から上級者まで、オールマイティに対応したヘリだと思います。
もっと上手くなって、いい意味で不満が言えるくらいになりたいもんです♪

デメリットはなし♪ 投稿者: 投稿日:2010/02/15(Mon) 11:29:15 No.1542 ホームページ  引用 
SDX-2号機(50)でテストしました。
組立は、E/G、クラッチ周りの芯出しが不要なので楽チンです♪
フライホイールにクラッチを適当に着けます。
シャフトをクラッチに嵌めてOリング、シム、クラッチベルを差してフレームに入れます。
あとは、ベル上部のクリアランスを軽く回るくらいにしてE/Gマウントを固定すれば完了です。
カップリングのイモねじを締める時は、シャフトを上に引っ張り過ぎてベルの動きが渋くならない様に気を付けます。
ベルの上部クリアランスの分だけはベルとシャフト、カップリングが動いていても問題はありません。

適当に組み立てた「2ピースクラッチ」搭載の2号機ですが、
始動の状況はいつもと変わらず、心配していたノイズの問題も発生しませんでした。
シャフトがフリーになったことによるベルの踊りも無いようで、振動が出ることもありませんでした。
とりあえず、「2ピースクラッチ」を着けたことによるデメリットはなし!というところです。

3号機にも2ピースクラッチ 投稿者: 投稿日:2010/02/18(Thu) 11:35:51 No.1552 ホームページ  引用 
先日、2号機(50)で問題がなかったので、今度は3号機(55)にも着けてみました。
E/Gを下ろす作業で、50ハイパーはマウントボルトを外すだけで簡単に下ろせますが55は少しだけ面倒です。
マスト下BRGホルダーやその他3箇所のボルトをゆるめてフレームが開く様にします。
ほんの少しフレームを開くことで55のニードルが通る様になります。
今回はテールパイプも着けたまま交換作業をしたので、機体の振り回しも大変でした(^^;)
2ピースクラッチを着けて、Oリングとシムにシリコンオイルを垂らしました。
3号機は組み立ててから48フライトなので、ついでにプラグも交換です。

これで、僕のSDXは2機とも2ピースクラッチになりました。
大きな問題が発生すれば、2機とも墜落かな???(笑)

2月14日(日曜日) 投稿者: 投稿日:2010/02/15(Mon) 09:50:17 No.1540 ホームページ  引用 
今朝もやる気満々、4時半起床で少しシミュ練をやってから6時前に飛行場着。
まだ日の出前なので暗いです。
気温は-0.6℃、風は1m以下。
まず、REX450とSDXの準備をしてから河原で焚き木拾いです。
浜松の日の出時間は6時半過ぎですが、うちの飛行場では7時過ぎに東側工場の屋根から日が昇ります。
焚き火にあたりながら待っていると、6時半にはだいぶ明るくなって来ました。
さっそく、REX450-1号機から練習開始です。
8時までに5フライト、いつもの練習をしました。

8時からは「強化テールパイプ」と「2ピースクラッチ」を着けたSDX-2号機のテストです。
「強化テールパイプ」の効果は抜群で、昨日の共振もピタッと止まっています。
前回の時は別の箇所の不具合で振動が出て、テスト中断になっていた「2ピースクラッチ」ですが、
今日のフライト状況では全く不具合はありません!
スローからハイまで、全回転域でまったくストレスなく飛ばせるのはホント気持ちいいです♪
テールの共振が出やすいストールターンからのダイブやループ、サイドスリップなど・・・
昨日のSDX-3号機(55)と同じように「ブーン」は一度も鳴りません。
機体の調子がいいと気分的にも楽になり、練習に集中できます。
背面ピルエット、横チク、PFの練習に加えて、上空飛行ではループ、ロール、ハーフキューバン8までやってみました。
お昼過ぎまでに6フライトしましたが、2号機の調子は変わることなく最高の機体になりました♪
始動性やノイズ等々「2ピースクラッチ」のデメリットがないことは確認できましたが、効果の方は・・・?
機体の横ねじれで回転落ちが出やすい横チクを何度もやってテストしたのですが、
僕の横チクでは、フレームのねじれの影響よりもピッチ操作のヘボさが大きくてパワーが食われるので、はっきりとした効果は分かりませんでした(笑)

2号機での練習を気持ち良く終わって、次はEXのテストフライトです。
SANOさんにタダで頂いたファンテックの「HN-50-TE3D」を着けて、テールパイプをカーボンから純正のアルミにしました。
EXはエアーウルフ用の機体なので、ハットリのF3Cマフラーを買うつもりでしたが、SANOさんのご好意で出費なしで済みました。
ありがとうございました♪
まずノーマルモードでホバリングしたら、少し回転むらが出ていたのでメインを絞って解決。
ノーマルモードではサイドスリップやピルエットでもテール周りや機体全体の振動もなく快調に飛んでくれました。
スカディのテールユニット(ししとうローター+フレイヤハブ、グリップ)は、ふわふわ飛ばすには最高の組み合わせです♪
アイドルアップに入れると、さすがにテールサポートがないだけあってテールの縦振動が出ました。
ま、ここら辺はボディに入れれば解決するでしょう。
EXはさらっと1フライトでテストを終了しました。

3時過ぎからは、燃料代節約のため!?またREX-1号機で練習続行です。
最後まで残っていたT会長も帰ってしまい一人っきりになったので連続11フライト・・・
手持ちのリポ16本を全部使い切って4時半に終了しました。

SDX-3号機は準備をしたものの出番がありませんでした。
ちなみに、写真に写っているピンク色の箱は、愛情たっぷり(かどうかは分かりませんが)のチョコです♪

T-REX450-1号機=16フライト
SDX-2号機=6フライト
EVO-EX=1フライト

今回の土日は天気も恵まれて、目一杯39フライトできました。
練習していて感じたことですが、
最初の2,3フライトでやっと指が慣れて前回レベルになります。
4〜6フライトで課題練習の調子が上がって来て、その後ぐんぐんと指が動く様になります。
10フライトを超えると、指は調子良くなりますが体力と精神力が落ちて来ます。
すると当然ミス打ちの可能性もあり、墜落の確率が高くなります。
つまり僕の場合、効率的な練習をするには、フライト回数が5フライト以上10フライト以下ということです。
ただ、効率は悪くなったとしても向上の足しにはなるので、10フライト以上の練習も必要です。
そこで今後のスケジュールは、早朝を450、午前中をSDX、疲れたら450というふうにします。
何にせよ、飛ばしまくっていると、ある時突然何かが変わります!
それがスランプ脱出の切っ掛けになるのでしょうか・・・!?

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -