4186768



2008年3月から趣味で始めたラジコンヘリ&飛行機の練習記録です。
ご意見、ご感想をお待ちしてます♪
「磐田ラジコンクラブ」会員募集中です!
(一緒に楽しく遊びましょ♪)

[飛行場の地図]
   ←気になるお買い得商品
 (ヤフオクへの直リンクetc
 
      
 ←通販コーナー

空に夢中(ラジコンetc)


[トップに戻る] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
合い言葉 ※必須
合い言葉欄には半角で「SDX」と書いて下さい
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
URL
添付File  (610kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

「岐阜県立岐阜高等学校」の空撮 投稿者:たつや 投稿日:2017/04/07(Fri) 10:26:31 No.5485  引用 
https://youtu.be/4gH8H9vIqOc

先日、同窓会実行委員会からの依頼で実施した、岐阜高校の空撮映像です。
関係各所の了解が得られたので一般公開します♪
僕は、これまでにも色々な空撮を受けさせて頂いていますが、こういう学校関係の空撮には特に気合が入りますw
OB/OGはもとより、在校生の皆さんにも喜んで頂けると嬉しいですね!
気合の分だけ、自分の操縦スキルを100%駆使した撮影をしました。(つもり)
  
------------------------------------------------------
「岐阜県立岐阜高等学校」の空撮(2017年4月1日-2日)
 
平成29年度岐阜高校同窓会総会運営委員会からの依頼を受けて、岐阜高等学校の空撮及び地上撮影を実施しました。
 
岐阜高校は明治から続く143年に及ぶ伝統校で、脈々と引き継がれてきた校訓「百折不撓 自彊不息」に従い、卒業生は岐阜県知事、岐阜市長、議員、弁護士、医師、大学教授、企業経営者など各界のリーダーとして活躍しているそうです。
初めて見た、数年前に新築されたばかりの校舎は、とても高校の校舎とは思えないくらいのモダンな造りで、学校の西側すぐ隣りには清流長良川が、東には織田信長で有名な金華山と岐阜城を見ることができます。
大自然に囲まれた真っ白な校舎は、上空から眺めると一層すばらしい景観でした。
1日目は生憎の曇り空でしたが午後になって晴れ上がり、夕暮れ時には堤防の上から綺麗な夕焼けを撮ることができました。
2日目は朝から快晴となり風も穏やかで、真っ青な空の下、白く輝く校舎を撮ることができました。
少し残念だったのは、グランドの周囲に植えられた岐阜高校自慢の桜並木が開花したばかりだったことです。
撮影を1週間後に予定していたなら、満開の桜並木越しに見る校舎はもっともっとすばらしい風景になったことでしょう。
 
今回の空撮は、岐阜高校同窓会総会運営委員会の全面協力の下で飛行しました。
国土交通省の許可承認を取得して地元警察署へ通知した上での飛行でしたが、校舎の上を飛ばすことは海や山を飛ばすのとは違ってリスクが高いため、チェックシートによる飛行前の安全確認を徹底しました。
また、4名の補助員により、常に飛行空域及び地上の監視を行ないました。
2日間での飛行回数はテスト飛行を含めて14フライトで、緊張の中、自分が持てる操縦スキルのすべてを駆使して飛ばしました。
 
今回の映像は岐阜高校のOB/OGと在校生及び他関係者の方々に観て頂くことを考慮して、通常よりも長めの作品に仕上げました。
また、動画とスチールは別々に編集し、2本の映像としています。
 
「挿入曲」
岐阜高等学校 校歌(斉唱・混声四部合唱)
岐阜高等学校 同窓会の歌
 
スチール・スライド映像
https://youtu.be/aL57ObAfawM 

ボウリングの話 投稿者:たつや 投稿日:2017/03/30(Thu) 15:21:05 No.5484  引用 
「年間、たったの100ゲーム」(><)
 
メンバーになっているセンターから、スコア記録が届きました。
僕は練習をまったくやれないので、このゲーム数がすべてです(^^;
リーグ戦に出てるのに、たったのこれだけ、年間100ゲームしか投げてませんw
何とか「ゼロハン」を維持しているものの、AVE=199と綱渡り状態です。
楽しく投げるためには、もっと頑張りたいなーって思います。
でも、頑張れるのは気持ちだけ(><)

伊豆半島ジオパーク(Izu Peninsula Geopark) 投稿者:たつや 投稿日:2017/03/27(Mon) 20:17:13 No.5483  引用 
堂ヶ島撮影の1日目、強風で遊覧船が欠航になったので、バッテリーの放電を兼ねてフリーフライトしました。

この周辺には、富士山をはじめとした火山の噴火により作り上げられた奇岩が多く点在します。
小さな洞窟が何箇所もあり、ついついくぐり抜けたくなりますw
ついでに、夕方まで粘って海に沈む日没を撮影しました。
最後に出てくる「サンセット・リゾート」は、当日宿泊したところです。
ダイビングスポットとして有名な浮島(ふとう)海岸にあります。
僕がスキューバのライセンスを取得した時も卒業試験はここでしたw

事前のシミュレーションも何もやってない、テキトウなフライトでした(^^;
 
https://youtu.be/NMY5kkHS5l8

「静岡県賀茂郡西伊豆町仁科・堂ヶ島」 投稿者:たつや 投稿日:2017/03/26(Sun) 20:32:41 No.5481  引用 
西伊豆の堂ヶ島を空撮しました。

前回トライした時は生憎強風の天候で、洞窟&島巡りの遊覧船はすべて欠航でした。
再トライの今回は、1日目は強風欠航で2日目にしてやっと穏やかな天気になりました。
ただ、風が穏やかな分だけ雲一面の空で日差しがなく、本来のコバルトブルー色の海にはなりませんでした。
それでも、天窓洞からの空撮時には一時的に日が差して、海面がキラキラと光る「青の洞窟」を見ることができてラッキーでした。
使用した機体はPhantom4Proです。
天窓洞と堂ヶ島の湾内はPro+のタブレット、湾外は600m離れた隣りの海岸からSonyのHMDでゴーグル飛行です。
切り立った崖の裏を抜ける時は完全に死角になりましたが、電波は届きましたw
 
天窓洞の中ではGPSをまったく受信できないし、暗い洞窟内ではビジョンポジショニングも正常に働かないため、離陸からATTI-modeで飛行しました。
壁にぶつからない様に操縦しながらターゲットを上手く捕らえるには、機体コントロールの4舵とカメラのチルトを合わせて5舵をすべて同時に操作しなくてはいけません。
機体は常にじっとしていないので目が離せないし、それでもチラチラとモニターで画角を確認しながら頑張って飛ばしました。
僕は普段からワンオペでしか飛ばしませんが、さすがに今回の様な場面ではきついですねw
 
撮影した動画は事前のシミュレーション通りに撮れたと思っていますが、やはり、空と海の色が悪過ぎました(><)
関係者には再度チャレンジしたいことをお願いして、今回も少なからず妥協の空撮となってしまいました。
綺麗な青空&海の映像が得られるまでチャレンジは続きますw
 
撮影では「堂ヶ島マリン」の全面バックアップを頂き、また、観光客の皆さんも好意的に協力してくれたので、気持ち良く飛ばすことができました。
撮影飛行にご協力下さった堂ヶ島の皆さん、大変お世話になりました。
そして、伊東市に拠点を置く「TEAM ROCKY」のサポートも万全でした♪
 
 
https://youtu.be/CYHjRMoKySU 

堂ヶ島マリン・遊覧船「洞窟めぐり」 KODAK SP360-4K 投稿者:たつや 投稿日:2017/03/26(Sun) 21:02:58 No.5482  引用 
半球カメラでの撮影です。
youtubeで見て下さい。
グルグルと周りを見ることができます。

https://t.co/5PPu0tu4B5

「新!?ATTI-mode on P4P」 投稿者:たつや 投稿日:2017/03/22(Wed) 19:16:03 No.5480  引用 
先日、名古屋のAさんの提起にて初めて知ったことです。
(ビジョンポジショニングの高度制限は知っていました。)
僕自身、疑問に思ったので実際に確認してみました。
 
疑問の内容は、P4Pにおいての「ATTI-modeの不思議」ですw
Aさんの投稿では、P4PにてGPSを100%受信できない状態で飛ばすと、フライトモードがGPS-modeでも高度制限が掛かるということでした。
僕もAさんと同様に、写真の様にGPSをアルミ箔で覆ってGPSを受信できない状況で飛ばしてみました。
 
結果は以下の通りです。
 
1)GPSを受信できない状態(補足数=0)で、フライトモードをGPS-modeにしてビジョンポジショニングがONの状態だと、ビジョンポジショニングの高度制限10mに達すると警告を発してそれ以上は上昇できなくなります。
  モニター画面の高度表示はビジョンポジショニングが測定した高度になります。
  離陸した後で段差がある場所に移動すると、その地表からの10m高度制限&高度表示に変わります。
2)次に、フライトモードをATTI-modeにすると、高度30mで警告を発してそれ以上は上昇できなくなります。
  ビジョンポジショニングは働いていないので、高度表示は「0」のままです。
3)アルミ箔を除去して通常の状態に戻した時のATTI-modeでは、高度制限は一切掛かりません。
  GPSの補足数は通常通りで、高度表示も普通です。
 
テストの結果から、P4PではATTI-modeにしていてもGPSが何らかの作用をしていることが分かります。
つまり、P4PのATTI-modeはP3までのATTI-modeとはまったく異なり「気圧センサーのみでの飛行ではない」ということです。
P3以前のATTI-modeでは気圧センサーで機体の高度を認識していたため、GPSを受信できてもできなくても高度制限はありませんでした。
P4PのATTI-modeでは、純粋に気圧センサーだけではなく、ビジョンポジショニングの有無やGPS信号の有無によって機体の高度を制御している可能性があるのです。
 
ちなみに、写真の様にアルミ箔を付けた状態でも、5分くらい飛ばしているとわずかですがGPS信号を補足し始めます。
(P4PのGPSシステムの性能はすごいですねw)
先のATTI-modeで30mの高度制限に掛かったままスロットルハイで飛行を続けていた際、GPSを数個受信した時点で突然高度制限が解除されて一気に上昇して行きました。
 
P3PではGPSを受信できない様にした状態でも飛行中の高度をモニター表示しているのに、P4Pでは高度表示しなくなります。
そして、ビジョンポジショニングが働いている高度では表示しますが、ATTI-modeでは高度=0と表示します。
 
P4Pは気圧センサーでは高度を認識していないのでしょうか??
基本的な機能なのに、ユーザー側では分かりません(><)
どういう飛行環境で遭遇するかは分からないし、もしかしたら通常ではありえない条件なのかもしれません。
でも、こういう基本的な機能の違いは、我々パイロットにしてみると非常に重要なこととです!
各センサーの働き方がある程度は理解できていないと、様々な場面での対処ができなくなります。
DJIはメーカーとして、きちんとアナウンスすべきですね。
 
 
追記:
気圧センサーで高度を認識しているからこそ、高度30mの制限が働く訳ですが、P4PのGPS信号ゼロでのATTI-modeとP3PのATTI-modeを比較すると、明らかにP3Pの方が落ち着いていることが分かっています。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -